サービス紹介

給食事業

「厚い信頼をうける企業」という経営理念の下、企業食を通じた病院のサポートを最も重要なプライオリティに患者さまの幅広いニーズへの対応に取り組みます。

「治療の一環」として患者給食業務は、常に患者さまの生命や健康に寄り添った仕事であるという責任を担っています。
患者給食の特殊性とその意義を認識し、高度な知識と技術、そして豊富な経験に裏付けられた安心・安全かつ満足度の高い食事の提供に、使命感をもって取り組みます。


広鉄二葉サービスの4つの強み

効率的な調理システム

クックサーブとクックチルを併用した調理システムの導入が効率的な給食業務を可能にします。

クックサーブ 病院厨房内での一元管理が可能 クックチル 幅広いアイテムや食材の提供が可能

病院厨房内で調理・盛り付けから配膳までを一元管理で行いながら、行事食やイベント食のほか、調理時間や調理の手間をかけた方が良いと考えられるメニューにも対応可能な、効率の良い調理システムを提供いたします。

個別食への対応

適切な食形態で、幅広いニーズが求められる個別食に対応します。

ゼリー食 とろみ食 ソフト食

嚥下の困難な患者さまや食欲不振、食物アレルギーの患者さまに対し、医師・療法士・薬剤師・管理栄養士の指示のもと適切な食形態(ゼリー食・とろみ食・ソフト食など)で提供していきます。

行事・イベント食への対応

季節に応じた行事・イベント食を通じて、患者さまの満足度向上を目指します。

毎月1回から3回程度を目安に、季節行事にあわせた行事・イベント食をご提供します。四季折々の食材を郷土料理に織り交ぜながら、また地産地消にもこだわりながら、患者さまにご満足いただける食事環境を構築していきます。

喫食率向上にむけた対策

病院管理栄養士の方と連携して、患者さまの喫食率向上を目指します。

精度管理 制度の高い管理を心がける 残食調査 残食量を所見とあわせて管理を行う 嗜好調査 患者さまに定期的なアンケートを実施

病院管理栄養士の方と相談の上、メニューの内容や材料など、を検討・改善します。併せて、定期的な食事アンケートにより、患者さまの感想やご意見、ご要望をヒヤリングし、患者さまの気持に沿ったメニューの開発・提供に努めます。

HACCPの概念に基づく衛生管理